GASの基本

GASでスプレッドシートに値を書き込む方法【GAS入門】

GASの基本

みなさんこんにちは!GASおじさんです。

この記事では、GAS(Google Apps Script)を使ってスプレッドシートに値を書き込む方法について初心者向けに解説します。

GASでスプレッドシートに値を書き込む方法

Google Apps Scriptの設定

まず最初に、スプレッドシートでGASを有効にする必要があります。

スプレッドシートを開き、メニューバーから「拡張機能」→「Apps Script」を選択します。

AppsScriptを開く

以下のようなスクリプトエディタが開かれたら準備完了です。コードを入力していきましょう。

エディタを準備

スプレッドシートの選択

GASを使ってスプレッドシートに値を書き込むには、まず対象となるスプレッドシートを選択する必要があります。以下のコードを使用して、スプレッドシートを選択します。

const ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
const sheet = ss.getSheetByName("シート1");

こちらのコードをコピーして、myFunction関数の中に貼り付けましょう。

エディタにコードを貼り付け

値の書き込み

選択したスプレッドシートに値を書き込む方法はいくつかあります。まずは、単一のセルに値を書き込む方法から見ていきましょう。

単一のセルに値を書き込むには、以下のコードを用います。

sheet.getRange("セルの範囲").setValue("書き込む値");

たとえば、A1セルに「Hello, World!」と書き込む場合は、以下のようになります。

sheet.getRange("A1").setValue("Hello, World!");

こちらをコピーしてmyFunction関数の4行目に追加しましょう。

4行目にコードを追加

ここまでできたら、ファイルを保存します。

メニューバーにあるアイコンをクリックして保存します。

保存をクリック
※ Windowsの場合はCtrl + S、Macの場合はCommand + Sでも保存可能です。

保存をすると、ファイル名の横にあるオレンジのボールが消えてなくなります。

オレンジのボールが消える

保存ができたら、「実行」ボタンをクリックします。

実行をクリック
※ Windowsの場合はCtrl + R、Macの場合はCommand + Rでも実行可能です。

実行すると以下のようなウィンドウが出てくるので、「権限を確認」をクリックします。

権限を確認

以下の画面が出てくるので、使用中のGoogleアカウントを選択します。

アカウントを選択

次に、左下の「詳細」をクリックします。

左下をクリック

さらに左下の「無題のプロジェクト(安全ではないページ)に移動」をクリックします。

左下をクリック

右下の「許可」をクリックします。

許可をクリック

ここまですると、実行ログに「実行完了」と出ました。

実行完了

スプレッドシートを確認してみましょう。

A1セルに書き込み

無事、A1セルに「Hello World!」と入力されていることが確認できました!

変数を使用した値の書き込み

固定の値だけでなく、変数の値をスプレッドシートに書き込むこともできます。

以下の例では、変数messageの値をB2セルに書き込んでいます。

const message = "こんにちは!";
sheet.getRange("B2").setValue(message);

これをコピーしてmyFunction関数に追加してみましょう。

コードを追加

追加したらファイルを保存して実行します。

保存して実行する

実行完了後、スプレッドシートを確認すると、

B2セルに書き込み

B2セルに「こんにちは!」と入力されていることが確認できました!

複数のセルに値を書き込む

複数のセルに値を書き込む場合は、範囲を指定して値を設定します。

以下の例では、C3からE3までのセルに、1から3までの数値を順番に書き込んでいます。

const values = [1, 2, 3];
sheet.getRange("C3:E3").setValues([values]);

これをコピーしてmyFunction関数に追加し、実行してみます。

コードを追加

スプレッドシートを確認すると、

複数の値の書き込み

C3セルからE3セルに複数の値が入力されていることが確認できました!

フォーミュラの書き込み

スプレッドシートでは、セルにフォーミュラ(数式)を書き込むこともよくあります。フォーミュラを使うことで、データの計算や集計を自動化することができます。

sheet.getRange("F3").setFormula("=SUM(C3:E3)");

これをmyFunction関数に追加して実行します。

コードを追加

実行完了後、スプレッドシートを確認すると、

フォーミュラの書き込み

F3セルにSUM関数が入力されていることが確認できました!

以上が、スプレッドシートに値を書き込むための基本的な手法です。GASを使用することで、より高度な処理や自動化も可能です。例えば、他のAPIからデータを取得し、スプレッドシートに書き込む処理を自動化することもできます。

まとめ

この記事では、GASを使ってスプレッドシートに値を書き込む方法について解説しました。

スプレッドシートは、データの整理や処理に欠かせないツールですが、GASを活用することでさらに効率的に操作できるようになります。

ぜひこの記事を参考にして、GASを使ったスプレッドシートの活用に挑戦してみてください。

GASを勉強するならこちら!

▼オススメ書籍はこちら!

スポンサーリンク
GASおじさんをフォローする
GASおじさんのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました