GASのTips

Googleカレンダーで特定のイベント削除を検知して通知する方法

カレンダー削除を検知して通知 GASのTips

みなさんこんにちは!GASおじさんです。

本日は、「Googleカレンダーで特定のイベント削除を検知して通知する方法」について解説していきます。

なお、Youtubeで動画解説もしていますので、動画で見たい方は以下からどうぞ💁‍♂️

Googleカレンダーで特定のイベント削除を検知して通知する方法

今回はGoogleカレンダーのタイトルに【面会】というキーワードが含まれているイベントが削除された時に、Gmailで通知するというスクリプトを実装していきます。

以下の手順で実装していきます。

  1. スクリプトエディタを起動してサンプルをコピペ
  2. Google Clandar API を追加する
  3. トリガーを設定する

スクリプトエディタを起動してサンプルをコピペ

まずはGASのエディタを起動します。今回はスタンドアロンスクリプトを用います。

Googleドライブからエディタを起動しましょう。

エディタを起動したら、以下のスクリプトをコピペしてください。

function updateCalendar(e) {  
  let syncToken = PropertiesService.getScriptProperties().getProperty('NEXT_SYNC_TOKEN');
  let events = Calendar.Events.list(e.calendarId, {'syncToken': syncToken});
  let event = events.items[0];

  if(event.status == 'cancelled'){
    cancelNotify(e.calendarId, event.id);
  }

  PropertiesService.getScriptProperties().setProperty('NEXT_SYNC_TOKEN', events.nextSyncToken);
}

function cancelNotify(calendarId, eventId) {
  let calendar = CalendarApp.getCalendarById(calendarId);
  let event = calendar.getEventById(eventId);
  let title = event.getTitle();
  if(title.includes('【面会】')){
    let startTime = event.getStartTime();
    let endTime = event.getEndTime();
    startTime = Utilities.formatDate(startTime, 'Asia/Tokyo', 'yyyy年M月d日 H:mm');
    endTime = Utilities.formatDate(endTime, 'Asia/Tokyo', 'yyyy年M月d日 H:mm');

    let recipient = Session.getActiveUser().getEmail();
    let subject = `カレンダーが削除されました`;
    let body =

  `以下のイベントが削除されました。

  - タイトル: ${title}
  - 開始時刻: ${startTime}
  - 終了時刻: ${endTime}`;

    GmailApp.sendEmail(recipient, subject, body);
  }
}

なお、17行目のincludes('【面会】')の部分がキーワードとなっていますので、適宜ここを書き換えるようにするといいでしょう。

Google Clandar API を追加する

次にGoogle Calendar API を追加します。

画面左の「サービス」の「+」をクリックしてください。

下にスクロールすると「Google Clendar API」があるので、これをクリックして「追加」をします。

※IDは「Calendar」のままでOK

すると、画面左に「Calendar」というのが追加されました。

ここまでできたら一度実行して、承認権限を付与しておきましょう。

トリガーを設定する

最後にトリガーを設定します。

画面左の「トリガー」をクリックし、右下の「トリガーを追加」をクリックします。

「イベントのソース」を「カレンダーから」に変更して、

「カレンダーのオーナーのメールアドレス」にGoogleカレンダーのIDを指定します。

ここまでできたら実装完了です。

正常に動くかどうか、テストしてみましょう。

Googleカレンダーに【面会】鈴木様というタイトルのイベントを作成し、これを削除してみます。

Gmailを確認すると…

無事通知が届いていることが確認できました!

文面などは適宜カスタマイズしてご利用くださいませ🙋

Youtubeでコーディング実況

Youtubeでコード解説をしていますので、興味のある方はぜひこちらもご覧ください。

それではまた次回!

GASを勉強するならこちら!

▼オススメ書籍はこちら!

スポンサーリンク
GASおじさんをフォローする

コメント

  1. かいけん より:

    検索でこちらのページにたどり着きました。
    ページに沿って実行してみたのですが、

    エラー Exception: Invalid argument: value at updateCalendar(コード:10:43)

    となって「失敗しました」となります。
    GASに詳しくなくて恐縮ですが、原因は何だと考えられるでしょうか?

    • GASおじさん GASおじさん より:

      コメントありがとうございます。
      コードを見てみないと状況が読めないので、実際に実装したコードも添えて再度コメントをお願いします!

  2. TNM より:

    手順に沿って実行したところ、以下の様なエラーとなりました。

    TypeError: Cannot read properties of undefined (reading ‘calendarId’)
    updateCalendar @ コード.gs:3

    ——————–
    function updateCalendar(e) {
    let syncToken = PropertiesService.getScriptProperties().getProperty(‘NEXT_SYNC_TOKEN’);
    let events = Calendar.Events.list(e.calendarId, {‘syncToken’: syncToken});
    let event = events.items[0];

    if(event.status == ‘cancelled’){
    cancelNotify(e.calendarId, event.id);
    }

    PropertiesService.getScriptProperties().setProperty(‘NEXT_SYNC_TOKEN’, events.nextSyncToken);
    }

    function cancelNotify(calendarId, eventId) {
    let calendar = CalendarApp.getCalendarById(calendarId);
    let event = calendar.getEventById(eventId);
    let title = event.getTitle();
    if(title.includes(‘体験レッスン予約’)){
    let startTime = event.getStartTime();
    let endTime = event.getEndTime();
    startTime = Utilities.formatDate(startTime, ‘Asia/Tokyo’, ‘yyyy年M月d日 H:mm’);
    endTime = Utilities.formatDate(endTime, ‘Asia/Tokyo’, ‘yyyy年M月d日 H:mm’);

    let recipient = Session.getActiveUser().getEmail();
    let subject = `カレンダーが削除されました`;
    let body =

    `以下のイベントが削除されました。

    – タイトル: ${title}
    – 開始時刻: ${startTime}
    – 終了時刻: ${endTime}`;

    GmailApp.sendEmail(recipient, subject, body);
    }
    }

タイトルとURLをコピーしました